今日も元気に 生きてます。   

どんなに日焼けに気をつけていても、
日に日に黒くなっていっている気がします。

お久しぶりです。まな虫です。

先週1週間、HOMESTAYしてきました。
もちろん1隊員1件。地方もばらばら。
オイラはTakeo州というところに行ってきました。
のどかでいいですね。

首都のプノンペンだけ見ていると、なんだか数十年前の東京にいるみたいな感じで、
「ちっとも発展途上国のような気がしない」と思っていましたが。

どうやらそれは首都だけの話。

地方の人もいろいろだけれど、
見渡す限り平地です。田んぼ田んぼ田んぼ…。
普通の道には、鶏・豚・牛・犬・猫…。
下手したら人より動物のほうが多いです。
そんな田舎雰囲気満載ですが、
時々見上げると目に入ってくる
青くて広くて高い空とやしの木と、西洋風の建物(かつてはフランスの植民地だったので)
をみているとリゾートのような気もしてしまいます。

1週間何をしてきたかというと、
「現地人と一緒に生活をする」ことが課題でした。
やっぱりコミュニケーションが取れないのは大変ですね~。
でも、みんないい人で、オイラの下手くそなクメール語を一生懸命聞いてくれて
一生懸命教えてくれました。

プノンペンはすごく便利でいいところだけれど、
オイラはやっぱり田舎のほうがイイなと思います。

田舎で苦労することは3つ!
 その1  蚊が多い
  腕だけで10数箇所刺されました。…蚊取り線香の煙を浴び、
  虫除けスプレーもこれでもかってほどして、
  肌の露出を控えたのに…。今でも痒いです。
 その2  朝はニワトリの声で目覚める
  朝5時起きです。暗いです。でもみんな起きて活動します。
  カンボジアは昼間暑すぎて活動できないし、(みんな昼寝してるwww)
  夜は電気をなるべく使わないように早く寝るから、早く起きるんですね~。
  ニワトリの鳴き声があんまり上手ではないので、最初はびっくりしましたが。(苦笑)
 その3  ご飯の量がすごく多い
  HOMESTAY先でも、プサー(市場)でもご飯は必ず大盛りです。
  お店なんかは商売する気あるのかと思いますね。(苦笑)
  ご飯を盛ってくれる皿はカレー皿ですね。これにしゃもじで3杯。これがスタンダードです。
  そして、これを2杯食べるのは当たり前だそうで…。
  オイラは常に、ご飯の時間になると、「今食べてきたばかりだから、おなかいっぱいだよ。」と
  ウソをついて「少しがんばって食べるね」というのを演じてました。
  間食が多い国なので、ご飯前に何を食べても怒られませんが、
  用意した食事は、どんなに食べた後でも食べさせられます。www
  ちなみに、田舎の人はご飯時だと、ちょっと話しただけでも、
  「うちでご飯食べて行きな」といってくれるので、クメール語が少し出来る人ならば
  食費0で田舎の旅ができますよ。www

いよいよ今週末から新隊員の任地への赴任が始まります。
オイラは20日予定。
週末は少し時間がありそうなので、アンコールワットを見てこようかと思っています。

カンボジアは毎日暑いですが、時間がゆっくり流れていてイイところです。

by manamushi69 | 2009-07-12 18:30 | カンボジア派遣。

<< 週末の予定が…。 ごぶさたです☆ >>