14thアンコールワットチャリティーマラソン   

走り終えてから 丸二日は経とうというのに

まだまだ全身筋肉痛に悩まされています。 まな虫です。

アンコールワットマラソンとは…
ハート オブ ゴールドという団体が主催のチャリティーマラソン。
f0204714_21422482.jpg


この団体の代表理事は、有森裕子さんなんですよ。
f0204714_21425889.jpg


オイラの中で一番嫌いな運動といっても過言ではない『マラソン』に

『世界遺産の中を走れる!』というネタ的な勢いで参加することになってしまったわけで。。。
f0204714_21454083.jpg


一応、コース別になっていて、
ハーフマラソン(21km)・10km・5km・3kmってあったんですが、
ハーフか10km走らないと、遺跡の中に入れないって事で、10kmにエントリー。

当日は朝4時半起きで、アンコールワットへ出発。
日の出前なので、カンボジアの中でも北の方に位置するシェムリアップは寒いぐらいでした。
f0204714_21484327.jpg


スタートは6時半~。
スタートラインはこんな感じ。人人人…。結構参加してるんですね~。
f0204714_214932100.jpg


ハーフマラソンのスタートのあとに10kmもスタート。
(ココからは走りながらの撮影なので、ブレブレですが、雰囲気だけお楽しみください。)
f0204714_2151364.jpg

陽も昇り始め、なかなか素敵なアンコールワットを横目にアンコールトム方面へひたすらまっすぐ走ります。

f0204714_21533369.jpg

義足の人も一緒に走ってました。
しかも結構早い。あっさり抜かれてしもうた…(苦笑)

f0204714_21545742.jpg

着ぐるみ集団もいましたよ~ ゾウ・トラ・サル・水牛・クマ…。みんなちゃんとゴールしてたからスゴイ。。。

f0204714_2156389.jpg

約1ヶ月前に観光しに来た『アンコールトム』
まだまだ涼しい時間とはいえ、ここに来た頃はもう結構しんどくなってました。
でもまぁ、きれいな景色が見られるだけいいかと。

f0204714_21584863.jpg

やっとこ差折り返し地点。
もう少しで『タ・プローム』なんだけどな~、と思いつつ
自分の体力を考え、ちょっとホッとした瞬間でした。

f0204714_2204956.jpg

先月見た遺跡の中で一番好きな『バイヨン』
日の出後のバイヨンはこれまたキレイでした。

オイラってば、運動するとすぐに顔が赤くなるタイプなので、
今回も例外なく走ってる最中はタコさん状態。
そんなオイラの顔を見て、
沿道で応援している(物売り)クメール人がオイラを指差し、
『ポア・クロホーム!!(赤いよ!!)』って心配そうに見てました。

給水所の兄さんなんて、普通はペットボトルを渡すだけなのに、
オイラのところまで駆け寄ってきて、ご丁寧にフタまで開けて、
『ほら!お水!!』って。

さらには、バイクタクシーのオジさんが、
心配そうにオイラの横を並走…。
(カンボジア人はちょっとの距離でもバイクタクシーを利用します。マラソン中も例外ではなく…www)

そんなに心配されるほど大変な状態ではないんだけど、
きっとスゴク真っ赤っかだったんだろな~。(苦笑)

そんな心配して応援してくれている人たちに
笑顔で『大丈夫だよ~』とか『疲れた~。でもあとチョットだ!』とか言っていたら、
なんだか最後まで笑顔で走れた気がします。

f0204714_229374.jpg

最後の最後、この表示が見えてからは、
『ココまで来たからには、も~歩かないぞ~!』って、
走る前は「完歩」できればいいかな~とか思っていたオイラも
結局頑張って最初から最後まで歩かず、『完走』しましたよ。
f0204714_22102119.jpg


f0204714_22113024.jpg

記録は約1時間12分。(ちなみに時計の表示は日本時間。)
ぶっつけ本番で走ったオイラにとっては十分満足な記録でした☆

f0204714_22131672.jpg

また来るぞ!アンコールワット!
…今度はゆっくり観光でね。(笑)


言うまでもありませんが、
ノー練習で10kmマラソンに臨んだオイラの体はこの日の午後から悲鳴をあげ続け、
今現在もヒーヒー言っているところ…。


身をもって分かったことは、

『準備ナシでもそこそこ何とかなる』

けど、

『準備しなかった分、本番のみならず、後々苦労をするもんだ~』


忘れないでおこうと思います。(苦笑)

by manamushi69 | 2009-12-08 22:17 | 任国内旅行。

<< 最近の学校。 はじめの一歩。 >>