カンボジアン バレンタイン   

チョコレートが美味しい時期ですね。(…日本は。)

首都で(自分が食べるために)買った板チョコを
プレイベンまで持って帰ってきたら、
液チョコになっててチョットガッカリだった まな虫です。

そりゃ、冷蔵庫のあまり普及していない田舎で
チョコレートが売っていないわけだ。。。

2月半ば、カンボジアでも一応バレンタインあるんですよ~

でも、日本とはちょっと違う。
首都では、期間限定でチョコレート売り場ができたりしているんですが、
ソレは最近のお話。

田舎ではこんな風景を見かけます。(ちなみにこの写真はウチの目の前の大学の門の前。)

f0204714_2139196.jpg


カンボジアのバレンタインは、
男性が女性にバラの花を贈る日。
1本500~1000リエル(12.5~25円)ぐらいで売ってるみたいです。
いつもは大学生のバイクの駐車料金を回収しているおネェさん。
この日ばかりはバラ売りのおネェさんでした。

女性が男性に告白するなんて…という考えのカンボジアではコッチの方が主流のようです。

残念ながら、オイラは1つのバラもGETできませんでしたが。(苦笑)

首都のチョコレートコーナーでも、女性がチョコを選ぶ姿はほとんど見かけず、
男性がチョコを眺めつつ、ウロウロしている方が目立ちました。

…何だか不思議な感じです。(笑)


ちなみにこの時期、中華正月を祝う時期でもあります。
カンボジアには中華系の人たちも多く、赤や金の『福』と書かれた飾りを見ていると
World New Year よりも賑やか感じがします。

中華系の人たちは、学校や仕事を休んで帰省しているようで、
首都はお盆のときのようにガランとしていました。

オイラの住んでいるプレイベンでは、中華系の人はあまりいないような感じを受けますが、
コレに便乗してか、最近昼夜かまわず、やたらと爆竹の音を聞きます。

てっきり若者がお祭り騒ぎをしながら爆竹を鳴らしているのかと思いきや…

f0204714_2151126.jpg


爆竹の鳴る先を見れば、どこにいるもの、ちっちゃい子ども!!!

爆竹の音もさながら、この光景にビックリ。


職場では 『あなたは中華正月祝わないの?』と言われ、
『日本人はWorld New Yearの時にお祝いするんだよ。』と言ったら驚いていました。

彼らの中では、中国・韓国・日本あたりはおんなじ扱いなんだな~。きっと。


ちなみにカンボジア人のお正月のクメール正月は4月。

最近では海外の文化を取り入れつつあるカンボジアでは
World New Year・中華正月・クメール正月をお祝いするんだから、
1年に3回も 『Happy New Year』 するわけですよ。

何だか変な感じですが、お祭り好きのカンボジア人にとっては嬉しいことなのかもしれません。(笑)


******************************

ウチの庭の木。マンゴーの木。

f0204714_2213886.jpg


最近ジャンジャンなってます。
マンゴーの旬は4月だそうです。

カンボジアでは青マンゴーも食べる習慣があります。
本気で青いものは千切りにしてサラダとして食べたり、
果物みたいに切って塩と唐辛子を混ぜたものにつけて食べたりします。

青マンゴーはチョット渋くてすっぱいので、あんまり好きではありませんが、
『熟しかけマンゴー』は結構好きです。(黄色いけどやわらかくないヤツ)
塩をつけて食べるんですが、チョット甘酸っぱくて、ほのかにマンゴー味。
食感はりんごみたいな感じです。

今日、1つだけ味見に食べてみましたが、
『熟しかけマンゴー』の一歩手前って感じでした。

3月になればおいしいマンゴーが食べれるかな~♪ 楽しみです☆

by manamushi69 | 2010-02-15 22:09 | カンボジア派遣。

<< 今週末の予定。 教育実習。 >>