20年度1次隊 現職教員 帰国。   

今月唯一の上京から帰ってきました。まな虫です。

この週末は、
年に一度の『安全協議連絡会』
 と
20年度1次隊現職教員・19年度4次隊・短期ボランティア の『帰国報告会』&『送別会』
 のために上京してました。

今夜、20年度1次隊現職教員がカンボジアを飛び立ちます。
数日後には19年度4次隊・短期ボランティアもカンボジアを出国し、日本に帰国です。

20年度1次隊現職参加のボランティアはちょうどオイラの1年先輩にあたります。

…そう。1年後には帰国です。

ツイこないだ19年度3次隊のお見送りをしたばかりだと思っていましたが。

思っていた以上に、時の流れは早いもの。
何かよく分からないけど、チョット気の焦りを感じました。

20年度1次隊現職教員の先輩JOCVにはいろいろお世話になったので、
チョット寂しい気持ちもありますが…。

ありがとうございました。

送別会の中で、挨拶があったんですが、帰国隊員のKさん(高校教師)が一言。
『帰国して、1週間で仕事です。』

…ってことは、オイラもあと1年1週間後には日本の学校で仕事です。
1年後に帰国というのは、ゴールが見え始めている感じがして、チョットやる気が出てくるような感じがしますが、
1年1週間後には仕事に戻らなくてはいけないと思うと、チョット複雑な気持ちにもなってしまう自分。(苦笑)


でもとりあえず、まずはカンボジアにいる間のことを考えて、頑張ることにしたいと思います。(^^;)

来週には21年度4次隊が着任ですよ。
あぁ、また一つ先輩隊員になっちゃいますね~。


****************************************

先日、2月20日に日本からNさん(←↓あ。HNを略しちゃった。本当はAさんね。ゴメン!)&Sさん夫妻がカンボジアに遊びに来てくれました~☆
そのときに作ったカンボジア焼き(陶芸)が完成しましたよ~

f0204714_2230274.jpg


みんな手びねり初体験だったんですが、なかなかいい感じに仕上がりました♪
ちなみに、土も釉薬もカンボジア産。もともとカンボジアの焼き物は素焼きなんですが、
日本人が支援をして、釉薬を使った焼き物を教えている所も増えてきているようで。

今回はシェムリアップでやりましたが、カンボジアの焼き物の町『コンポンチュナン州』には
栃木県益子町からの職人ボランティアが数人いて、技術支援をしているそうです。
今度そっちにも行ってみようかな~。

****************************************

最近の旬。『ハスの実』

f0204714_2235884.jpg


コレがハスの実です。
花が終わった後、こんな風(写真左)になるんです。

コレを剥くと、中には枝豆よりチョット大き目の実が出てきます。(写真右上)
さらに緑の皮を剥くと、白い実が出てくるんですが、コレを食べるんです。(写真右下)

生のまま食べると、チョット甘みのある味の無い、チョット固めの茹で豆みたいな感じですが、
油で炒めて塩コショウをするとBEERのお供にいい感じです。
食感は焼きにんにくみたいにチョットほくほくで、
オイラは生より炒めたほうが好きです。
ただ、剥くのが大変…(^^;)
ん~。その手間は殻付きピーナツみたいな感覚かな。

でもま、暇つぶしには最高にイイですよ。(笑)

ちなみにこの種類のハスはレンコンにはならないようです。
カンボジア人は茎の部分(レンコンのほっそいやつみたいな感じ)を料理して食べるみたい。

まだまだ知らない食べ物がたくさんあるようです。

by manamushi69 | 2010-03-21 22:43 | カンボジア派遣。

<< 世界結核デー。 やっぱりココはカンボジア。。。 >>