プレイベン生活もあと5日。   

ご無沙汰してます。 まな虫です。

活動のまとめと帰国準備で目が回りそうな今日この頃。
日本の頃の仕事量の比ではありませんが。。。(^^;)

オイラとMさんが今月末に帰国してしまうとJOCVが0になってしまう、我が任地PreyVeng州。
JOCVがいるうちに配属先を見ておきたい!と、
昨日・今日と後輩隊員が遊びに来てくれました。(^^)

バタバタしてたから、大しておもてなしもできなかったけど、
朝食は、おきまりの川沿いで焼きたてフランスパンとカンボジアンコーヒー☆
f0204714_22505820.jpg

きっとオイラも見納めなんだよなぁ~。

そんでもって、今日は今までやってきた実験を綴った実験書を1年生の生徒に配布しました~。
f0204714_2310096.jpg

1年生は11月に入学してきて、しばらく理科の基礎知識を学んで、
それからあっという間に教育実習の準備のために教育法なんかの勉強に突入しちゃったから
ほとんど一緒に実験できなくって、実験書も『何だコリャ?』な感じなんだろうけど。
(ほとんどが2年生と一緒にやった実験なのよね。)

オイラの配属先の学校には実験器具がそろっていて、
それらを使って実験を行うことも大切なことなんだけど、
彼らが卒業して先生になったら地方の学校の先生になるわけで。
地方の学校には実験器具がないから実験をするのは難しいわけで。

でも、実験をしてほしい!

さらに初任の先生は忙しいみたいで、
さらにその上給料は3ヶ月から1年払われないことが多いっていう噂。
実験書に実験器具の作り方も書いておいたので、
学生であるうちに準備できる間に準備してみてくださいって伝えてみました。

CPも『この実験書を使って実験を教えるよ。』 と、生徒の前で公言してくれたし。(^^)

明日はいよいよ1年生の生徒とのSay-GoodBye Day。

3年前、『海外に行くぞ!』 と思って応募して、試験を受けて、訓練を受けて…
2年前、『いよいよだ!』 とやる気満々でカンボジアに来て…
2年間、いろんな体験をして、喜怒哀楽いろんな感情を抱いて…

そしてあと数日で『任期が終了するから』帰国を迎えるわけで。

日本に帰れることは嬉しいんだけど、
『いざ帰国』だと思うと、後ろ髪を引かれるカンボジア。

明日も笑顔でいいお別れができますように☆ミ

# by manamushi69 | 2011-03-09 23:43 | カンボジア派遣。

SiemReapの孤児院訪問 & SET Deli活動納め   

こんばんは~。
残りわずかな時間で、
できる限りの『カンボジア』を見て帰ろうとあちこち飛びまわっている まな虫です。

*************************************

2月19日・20日
同期JOCVのYさんが活動外で個人的にお手伝いをしている孤児院にお邪魔してきました~。

『貧困』というイメージのカンボジア。
『戦争孤児』というイメージのカンボジア。

観光名所である『アンコールワット』のあるSiemReapにはたくさんの孤児院があります。

地方の孤児院は結構閉鎖的なところが多く、
私達外人が突然訪問してもオープンに見せてくれることは少ないのです。

でも、カンボジアに来たのに一つも見ずに帰るのはちょっともったいないかなぁ~と。

ってなわけで、Yさんが孤児院に行くっていう日程に合わせていってきました~☆
f0204714_22283351.jpg

さすがにSiemReapともなるとゲストも多いらしく、
子ども達は笑顔で出迎えてくれて、夕方頃には、伝統舞踊を披露してくれました♪
次の日、Yさんの提案でクレープを作ってご馳走してきました☆

Yさんは以前からカンボジアの孤児たちを手助けしたいと考えていたようで、
カンボジアに来てから、定期的に孤児院を訪れ、いろんな形で支援を試みたようです。
家庭科の先生ということもあり、
子ども達にパッチワークを教え、それを施したTシャツを販売して運営資金を稼ぐ方法を提案したり、
一緒に料理をしよう!と材料や調理器具を寄付したり…。

しかしながら、そもそも外国の支援団体がいて、経営もそこそこうまく成り立っていたので
ココの孤児院の子ども達はとても幸せな孤児たちだと感じるとも言っていました。

ちなみに、『カンボジアの孤児』には
戦争孤児だけではなく、事故や病気で身寄りを亡くした子ども、育児放棄や、
貧困などにより子どもを手放さなくてはならない
…など、いろいろな事情を抱えた子ども達がいるのです。

そして帰りのバスの車中でYさんと話したこと。

2年近く暮らしたカンボジア。
そこら辺のバックパッカーよりリアルなカンボジアを見てきたつもりだけど。
それでもオイラ達の知らないことはまだまだいっぱいある。
オイラ達が知っているカンボジアはまるで氷山の一角。
目に見えぬものの大きな存在を確かに感じる。

さすがに2年近くもカンボジアで生活をして日本に帰ったら
『カンボジアってどんな国なの?』
なんて聞かれることもあるんだろうけど。

一口で語ってはいけないような気がして、
きっと答えねばならぬであろうその質問に、二人で困ってしまった。

でもカンボジアへ来てオイラ達JOCVは確実に何か変わったなということだけは確実にいえることだと思う。

*************************************

2月21日
SET Deli活動 ~CJCC Festival~

SET Deliも後輩隊員に引継ぎ、SET DeliⅡになりました☆
オイラ達21-1次隊理数科隊員にとってラストの活動をしてきました。
CJCC(Cambodia-Japan Cooperation Center : カンボジア日本人材開発センター)で
第6回CJCCフェスティバルという日本文化交流イベントにてサイエンスショーを行いました☆
f0204714_23271338.jpg

今年の参加はカンボジアの小学4~6年生 約200人。
3つのブース実験(電気パン・不思議リング・おもしろ糸電話)と全体ショー(アルコールロケット)
を行いました~(^^)
それぞれのJOCVのCPも一緒に講師として参加し、
JOCVもCPも一生懸命実験紹介をおこないました。
参加した小学生もみんな目を輝かせて実験に参加してくれて、JOCVもCPも大満足☆

オイラのCPも
『すごく楽しかった!だから今日は疲れてなんかいないよ。
来年もあるのかな?あるんならぜひ参加したいな。』
なんて、笑顔で話してくれました。

なんだか嬉しいな~。

帰国まで30日をきったからかもしれないけど、
今更ながら、CPと一緒にもっともっといろんな実験をできたらよかったのになって。
一緒に授業をするのはもう残りわずかだけど、その中でできることをしてあげられたらな~。

SET Deliの活動もFaseⅡに入って、後輩隊員が一生懸命活動方針を考えてました。
JOCVが未配属の学校へ行って、
ただひたすらに『実験紹介』をしてきたオイラ達FaseⅠのメンバーですが、
先生達が少しレベルUPをしてきた今日この頃。
今後はチョット一歩先へ進んだ活動へシフトしていくようです。(^^)
こうしてチョびっとずつ変わっていくんだな~。

何だか嬉しく思います。

# by manamushi69 | 2011-02-22 23:59 | カンボジア派遣。

シアヌークビル ~レスキューダイバー講習~   

お久しぶりです☆ まな虫です。

同期JOCVのSちゃんと後輩JOCVのAちゃんがOWのライセンスを取りたいというので、
それに便乗して、シアヌークビルに行ってきました~(^^)ノ☆

そんでもって、一緒にレスキュー講習を受けてきましたよん♪

おそらく、今後わざわざシアヌークに来ることもないんじゃないかと思い、
『シアヌークビルおさめ』してきました☆

いつもよりチョットお高級なホテルに宿泊してみました~(^▽^)ノ
(…2人で泊まって1泊1部屋20$ぐらいですが。)
f0204714_0223751.jpg

海を眺めながら朝食ビュッフェ~☆(…写真には写ってないけど。^^;)

それから1日中、DVD&教科書を使ってお勉強~。

そのあと2日間は島ステイで海洋実習~☆
f0204714_0263951.jpg

Victim役のAさんはオイラより俄然ガタイがいいし、
カンボジアに来て体力がガタ落ちなオイラにとってはなかなかハードな講習でした。(^^;)
2日目の講習ではFUNダイブ~
f0204714_0364362.jpg

…と思いきや、浮上後に何か起こる~!みたいなサプライズ講習(>△<)ノ

とにもかくにも、何とかレスキューGET☆\(>▽<)/

シアヌークビルの街に戻ってきてから半日ビーチでまったり♪
f0204714_0402317.jpg

しっかりイカとカニも美味しくいただきました~(^血^)

そんなこんなで数日間バカンス(?)を過ごし、
PVに帰ってきて地味にお仕事してます。

今日はCPの手助けもあって、実験書の原稿が完成しました~☆\(^O^)/

今週末は同期JOCVのYさんがお手伝いしている孤児院を見にシェムへ行ってきま~す☆

それからそれから、21日はプノンペンでサイエンスショー!
おそらく最後のSET Deli活動です。o(^へ^)o

遊びも仕事も頑張らなくっちゃ!

↓↓ ってなわけで、チョコッと更新しました☆ ↓↓
まな虫。の海ログ(海中での奮闘記録。)
http://manamushi69.at.webry.info/
☆アルバムにも写真をUPしま~す

# by manamushi69 | 2011-02-17 00:46 | 任国内旅行。

2月3日。   

昨日は38度の熱にうなされ、
薬のおかげで今日はすっかり平熱並みに戻って ちょっとナチュラルハイな まな虫です。

カンボジアは中華正月ですが、
日本は節分ですね。

帰国まで50日をきり、急にまた日本が恋しくなっている今日この頃。

最近ネットを見ていて、結構目にする 『恵方巻き』

…食べたい。太巻き食べたい。(゜△゜)
風邪を引いていても、食欲だけは衰えず。(…それだけは良かった。^^)

ってなわけで、作ってみました。
f0204714_14115111.jpg

太巻きカンボジアVer.
(中身は、カニカマ・たまご焼き・高菜風のカンボジアン漬物・SPAM・きゅうり・ツナマヨ。)

昨日、熱にうなされていた私に、CPがお昼ご飯を持ってきてくれたので、
(CPの母親がカンボジアン焼きそばを作ってくれました。しかも山盛り。www)
お返しに太巻きをあげようと思います。
一応、酢飯じゃなくて普通ご飯で作ったから食べれるんじゃないかな?(^^)

鬼は~外! 福は~内!
ついでに風邪菌もどっかに行っちゃえ~~~!\(>▽<)/

# by manamushi69 | 2011-02-03 14:23 | カンボジア派遣。

優雅(?)な朝ごはん。   

ココ最近、週末はプレイベンで過ごしている まな虫です。

乾季に入り、ぶ厚い雲も少なくなり、青空もキレイに見えるようになってきた今日この頃。

日曜朝、6時半に同任地のMさんのモーニングコールで目が覚め、
そのあと、一緒にプレイベンでいうところの『優雅な朝ごはん』を食べに行きました。

プレイベンでいうところの『優雅な朝ごはん』…って?

焼き立てホカホカのフランスパンとカンボジアンコーヒーを川沿いでいただくのです。
f0204714_22475042.jpg

プレイベンの州都には知っている限りでパン屋さん(釜があるところ)は2件。
どちらも『フランスパン』のみの販売です。
写真はオイラやMさんのお気に入りのパン屋さん。もちもちしてて美味しいのです。
そして安い!(1本1500リエル≒¥40)
(カンボジアのフランスパンはパサパサしているものや、なぜか甘いものなど様々なのです。苦笑)
このパン屋さんは食堂に卸しているらしく、朝8時頃には売切れてしまうのです。
しかも、焼き立てを食べるためには必然的に早起きせざるを得ないのですよ。(^^;)

でも早起きも悪くないものです。(^▽^)

カンボジアの人たちは涼しい朝のうちにお仕事をするのです。
そんな姿を見ることができるのも朝のうち。
f0204714_22562653.jpg

魚取りをする人、牛飼い…。
乾季に入って水量が減って顔をのぞかせた大地はいつの間にか田んぼになり、
緑の大地が広がります。
そんな風景を見ながら、のんびり焼きたてのフランスパンをかじる。
バターもジャムも目玉焼きもベーコンも無いけれど、
どんなものよりも、この時間が何よりのスパイスです。(^v^)

何にも無いプレイベンですが、
日本にはない、ゆったりとした時間や風景がここにあります。
f0204714_2363549.jpg

今月から2年生は教育実習へ行き、担当授業が半分になります。
日本へ帰る前に、もう少しこのプレイベンで過ごす時間を大切にしたいと思います。

***********************************

明日は中華正月。
中華系の少なくないカンボジア。市場も賑わっています。
f0204714_2383876.jpg

World New Year より活気がある今日この頃です。

# by manamushi69 | 2011-02-01 23:12 | カンボジア派遣。